ワインマーケットPARTY 商品の紹介ページです。公式サイトではありません。
町工場ネット トップ | サイトマップ | 新規登録 | プライバシーポリシー | 相互リンクの方法 | 問い合わせ
 
 トップページ >>食料品 > ワイントップページ
ワイントップページ ボルドーワイン ワイン生産国
ソムリエ ワインの種類 ぶどう品種
日本のワイン ワインの製法 ボジョレー・ヌーヴォー

ワイン
ワイン (Wine) は、時に葡萄酒(ぶどうしゅ)とも呼ばれ、主としてブドウの果汁を発酵させたアルコール飲料である。通常、単に「ワイン」と呼ばれた場合には、他の果汁を主原料とするものは含まない。 酒税法では、「果実酒」に分類されている。

ワインの主成分は、水分、エチルアルコール、各種の有機酸、糖、グリセリン、アミノ酸、核酸、タンニン、炭酸ガスなどである。各種の有機酸の中では、酒石酸、リンゴ酸、クエン酸、乳酸、酢酸、コハク酸の6つがワインの風味に関して最も重要な要素と考えられている。また、貴腐ワインには、グルコン酸が多く含まれている。

歴史
ワインと人との結び付きは古く、新石器時代にまで遡るとされる。古代、メソポタミア文明のシュメール人により初めてワインが作られたといわれ、彼らはビールも製造しており、紀元前3000年頃に古代エジプトに双方が伝わったとされる。ビールの醸造の方が比較的簡単であったため、これらメソポタミアやエジプトでは、ビールを日常消費用、ワインを高級品として飲み分けていたとされる。

その後、フェニキア人によってギリシャへと伝えられ、さらに地中海沿岸へと広まったといわれている。ワイン製造の技術が格段の進歩を遂げたのはローマ時代に於てとされ、この時代に現在の製法の基礎が確立した。 ヨーロッパの各地には、キリスト教と共に広まり、キリスト教会の僧院でブドウの栽培と共にワインの醸造が行われた。今でも良質のワインを作る僧院が多くある。

キリスト(イエス)は、ワインを指して自分の血と称したとされ、今日でもキリスト教の儀式に赤ワインは欠かせないものである。 イスラム教においては、飲酒が教義により禁止されているため、発祥地である現在の中東諸国では、世俗主義国家であるトルコを除きあまりワインは生産されていない。

e-shopワインマーケットPARTY

このページの上