美容・健康・ファッション・インテリア・DVD・お花・ギフト 安全安心のお買い物

町工場ネット トップ  ◇サイトマップ ◇新規登録 ◇プライバシーポリシー ◇相互リンクの方法 ◇問い合わせ

町工場 | 総合 | 美容 | ファッション | インテリア | 家電 | 資格| 食料 | 個人開業 | 書籍 | ギフト | ホビー | CD・DVD

 トップページ >> 1歩進んだパソコン塾 >>256MB以上のメモリーを搭載しているのに、パフォーマンスが悪い場合

case 1 > 256MB以上のメモリーを搭載しているのに、パフォーマンスが悪い場合
← 前のステップ 次のステップ→

DisablePagingExecutive をダブルクリックします。この項目がない場合は「手順 9」を参考に作成してください。

このようなダイアログが表示されます。 「0」 が青く反転されています。

キーボードで 「1」 を入力します。「O K」をクリックします。

これはシステムのもっとも重要な部分をメモリーに常駐させるための変更です。

同じように LargeSystemCache の値も 「1」 に変更します。

これはアプリケーション起動用メモリーを解放するための変更です。

IoPageLockLimit という項目はない場合が多いようですので、見当たらない場合は上図のようになにもないところで、マウス右ボタンをクリックします。(手順 9)

すると上図のように 新規(N) が表示されます。

 新規(N) をクリックすると上図のように項目が表示されます。表示される項目はまったく同じでなくても問題ありません。

その中の DWORD値(D) をクリックします。

case 1 > 256MB以上のメモリーを搭載しているのに、パフォーマンスが悪い場合
← 前のステップ 次のステップ→
キングソフトインターネットセキュリティ2011
このページの上