美容・健康・ファッション・インテリア・DVD・お花・ギフト 安全安心のお買い物

町工場ネット トップ  ◇サイトマップ ◇新規登録 ◇プライバシーポリシー ◇相互リンクの方法 ◇問い合わせ

町工場 | 総合 | 美容 | ファッション | インテリア | 家電 | 資格| 食料 | 個人開業 | 書籍 | ギフト | ホビー | CD・DVD

 トップページ >> 1歩進んだパソコン塾 >>外部記憶装置について 

case 6 > 外部記憶装置について 

外部記憶装置にもいろいろありますが、何を使えばいいのか迷うところです。それぞれ長所短所がありますので用途に合わせて使い分けることが肝心です。ウィルスが蔓延していますので、大切なデータは必ずバックアップをとるようにしましょう。

■ 外付けHDD
USB接続で簡単に使えるようになりました。容量は500MB前後といったところでしょうか。容量的には問題のない大きさなのですが、日ごろ扱うデータでそれほど必要なのかということもあります。一気に大量のデータをバックアップする、または今までのデータをすべて保存する場合はこれが必要になります。

 ただ単に保存しておくだけでなく参照・修正や加筆の必要が頻繁にあるという場合はハードディスクの利点が生かされることでしょう。保存しておくだけという場合はDVDなどに保存する方が安上がりです。

■ DVD
最近では二層式に対応したものもありますので容量は飛躍的に増えてきました。長く保存するデータであまり参照したりしないものの保存に向いています。 日常的に保存するという場合は、書き込みの手間や追記録の柔軟性からあまりおすすめできません。RWタイプのものをつかうよりRタイプのものを使う方が結局は安上がりです。

■ CD
DVDドライブが当然のように内臓されていますし、メディアの価格もDVDと大差ないのであえてCDを使う必要性は薄れてきています。

■ MO
最近は1G対応のものもあります。主流は640MBのもののようです。書き込みに特別なソフトは必要なくフロッピー同様の感覚で利用できますので日常的なバックアップにはこれがおすすめです。書き込み・追記・削除など何度でもできます。ただ一度に何100MBものデータを転送しようと思うと予想外に時間がかかりますのでおすすめできません。

■ USBメモリー
USBポートに差し込むタイプのメモリーです。980円程度からあります。頻繁にデータを持ち歩いたりする場合にはこれがおすすめです。書き込みソフトも不要ですし、転送速度も互換性も問題ありません。長期保存には向きません。

■ フロッピーディスク
最近ではオプションになっている機種もありますがまだまだ現役です。長期保存には向いていません。

  専用ソフト 修正・削除 保存 価格 使いやすさ
外付け
HDD
不要 可能 短期・長期 高い 気軽
DVD 必要 可能(RW) 長期 安い 面倒
CD 必要 可能(RW) 長期 安い 面倒
MO 不要 可能 短期・長期 安い 気軽
USB
メモリー
不要 可能 短期 安い 気軽
このページの上