美容・健康・ファッション・インテリア・DVD・お花・ギフト 安全安心のお買い物

町工場ネット トップ  ◇サイトマップ ◇新規登録 ◇プライバシーポリシー ◇相互リンクの方法 ◇問い合わせ

町工場 | 総合 | 美容 | ファッション | インテリア | 家電 | 資格| 食料 | 個人開業 | 書籍 | ギフト | ホビー | CD・DVD

←前のページ トップページ 内容一覧
■ソース

それではソースを見てみましょう。
まず、以下のソースを <HEAD>  と </HEAD> の間に書きます。緑色のところは好きなように書き換えられます。

<STYLE>
<!--

.a{color:darkblue;
font-size:60px;
font-weight:bold;
font-family:Wingdings;}
-->
</STYLE>

これがフォントの大きさや色を決めるものです。

1行目 .a{color;darkblue;

よく見てください。一番最初に「ピリオド」がついてます。忘れないでください。darkblue は色の指定です。赤にしたいなら red というふうに指定します。ピリオドのあとの a  はラベルのようなものなのでわかりやすい名前 moji  とかに好きなように変更できます。ただし呼び出すときに同じ名前で呼び出さなければいけません。下にある<DIV CLASS=  >のところにかきます。 


2行目 font-size:60px;
文字の大きさです。好きな大きさに変えてください。

3行目 font-weight:bold;
書体です。このままのほうがいいでしょう。

4行目 font-family:Wingdings;
これが、このフォントを表示するためのものです。変更してはいけません。

<DIV CLASS=a>a</DIV>

<DIV CLASS=a>a</DIV>
表示したいところにこのようにタグで囲んで表示したい文字をかきます。 a とかくと前ページの一番最初の絵文字が表示されます。
半角英数の文字が対応しています。いろいろ変えて試してみてください。
←前のページ トップページ 内容一覧