美容・健康・ファッション・インテリア・DVD・お花・ギフト 安全安心のお買い物

町工場ネット トップ  ◇サイトマップ ◇新規登録 ◇プライバシーポリシー ◇相互リンクの方法 ◇問い合わせ

町工場 | 総合 | 美容 | ファッション | インテリア | 家電 | 資格| 食料 | 個人開業 | 書籍 | ギフト | ホビー | CD・DVD

←前に戻る  トップページ 内容一覧 次へ進む→
■文字の表示 「段落でまとめる」


まず、サンプル7 を表示してみてください。
□ サンプル7を表示する(新しいタブで表示する)
次に、サンプル8 を表示してみてください。
□ サンプル8を表示する(新しいタブで表示する)

下がサンプル8のソースです。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN">
<HTML>
<HEAD>
<META name="GENERATOR" content="IBM HomePage Builder 2001 V5.0.2 for Windows">
<TITLE></TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<BLOCKQUOTE>これは文字を段落でまとめたものです。段落を引用文としてまとめています。<BR>
改行位置がちゃんと反映されています。<BR>
長い文章は段落いっぱいまで表示され、改行されるまでは画面表示にあわせて長さが調節されますので全体としてのまとまりが感じられます。また両側にも適度な空白があるので見やすくなっています。<BR>
たとえば<BR>
このようにすぐに改行しても画面サイズにかかわらず改行されます。<BR>
</BLOCKQUOTE>
</BODY>
</HTML>

サンプルのように<BLOCKQUOTE>で囲まれた部分は上下左右に空白が表示されます。<P>も同じように段落のまとまりですが、上下左右に空白は自動では表示されません。

←前に戻る  トップページ 内容一覧 次へ進む→