美容・健康・ファッション・インテリア・DVD・お花・ギフト 安全安心のお買い物

町工場ネット トップ  ◇サイトマップ ◇新規登録 ◇プライバシーポリシー ◇相互リンクの方法 ◇問い合わせ

町工場 | 総合 | 美容 | ファッション | インテリア | 家電 | 資格| 食料 | 個人開業 | 書籍 | ギフト | ホビー | CD・DVD

←前に戻る 最初のページ 内容一覧 次へ進む→
■フォルダとパスについて
フォルダの関係を、ある家族の家系図として考えましょう。図で縦線でつながっているのは兄弟関係です。横線でつながっているのは親子関係です。

 さて、あなたは青枠で囲んだ「太郎」くんです。そこで「花子」さんを呼びたいと思います。でもあなたである「太郎」くんは「花子」さんがどこにいるのかわかりません。お母さんの「七子」さんなら知っています。

そこで「太郎」くんは「七子お母さん、花子を呼んで」といって始めて花子さんの居場所がわかります。逆に花子さんが太郎君を呼ぶときも七子お母さんにたのまなければなりません。

 それでは「一郎」さんの子供の「太郎」くんを呼ぶにはどうすればいいでしょう。七子さんは一郎さんの居場所を知らないのでおばあちゃんの「とめ」さんに頼まなければなりません。そこであなたである「太郎」くんは「とめおばあちゃん、おばあちゃんの子供の一郎おじさんの子供の太郎君を呼んで。」といってやっと居場所がわかります。

ということは、一番下の「花子」さんを呼ぶにはひいじいさんの「八郎」さんに頼まなければならないということですね。八郎ひいじいさんの子供のまつおばあちゃんの子供の一郎さんの子供の花子さん,ということです。


このようにフォルダは自分の下にあるフォルダのことはちゃんとわかっても、自分と同じ階層のフォルダのことはわからないのです。上の例でいえば自分の子供のことはわかっても兄弟のことはわからないと言うことです。
 
上の例を書き直せば「太郎」が「花子」を呼ぶときは [¥七子¥花子] となり、一郎の子供の太郎を呼ぶときは [¥とめ¥一郎¥太郎] となります。「¥」はフォルダやファイルを指定するおまじないのようなものです。この場合「¥」は「の子供の」と、置き換えればわかりやすいでしょう。

このように相手の居場所を指定することを【パスを通す】といいます。これをちゃんと理解しないとページを作ったときに絵がでないとかいって騒ぐことになります。このように誰かを基準にして、(この場合「太郎」)、相手の居場所を指定するやり方を【相対パス指定】といいます。

では【絶対パス指定】>もあるのかというと、あります。これはまったく関係のない人が誰かを呼ぶやり方で,必ずひいじいさんの「八郎」さんに頼まなければならないやりかたです。上の例で「太郎」が「花子」を呼ぶのも八郎じいさんに頼んで [¥八郎¥とめ¥七子¥花子] と呼びます。違うフォルダを呼び出すには必ず共通の親フォルダにさかのぼって指定しなければなりません。
 
始めの一歩の「フォルダっていれものか?」のところで部屋の棚といいました。覚えていますか。その、「部屋」を上の太郎も花子も一郎もとめもみんなもっているのです。ほうらややこしくなってきた。

いまひとつ重要性がわかりにくいと思います。では次にホームページを例にあげてご説明しましょう。

←前に戻る 最初のページ 内容一覧 次へ進む→