美容・健康・ファッション・インテリア・DVD・お花・ギフト 安全安心のお買い物

町工場ネット トップ  ◇サイトマップ ◇新規登録 ◇プライバシーポリシー ◇相互リンクの方法 ◇問い合わせ

町工場 | 総合 | 美容 | ファッション | インテリア | 家電 | 資格| 食料 | 個人開業 | 書籍 | ギフト | ホビー | CD・DVD

←前に戻る 最初のページ 内容一覧 次へ進む→
■ファイルの話でもしようか

フォルダについては大体の感じはつかめましたか。つぎはフォルダの中味について考えましょう。【基礎編 次の一歩】でフォルダを作りましたが、サンプルで作ったので中味は何もありませんでした。あのような中身のないフォルダを空(から)のフォルダといいます。空のフォルダを準備するというのはサンプルで作ったようにフォルダを作成することをいいます。では空でないフォルダはなんというかというと、ふつうはフォルダには中味があるので特に呼び方はありません。フォルダにつけた名前で呼びます。

では中味はいったいなんでしょう。フォルダの中味は【ファイル】です。ファイルにはたくさんの種類があってとても書ききれるものではありません。ファイルの定義は「保存されたデータの集まり」です。じゃあデータとは何かというと「情報を規則的に形式化したもの」です。どうですなんか禅問答のようでしょう。ここまで厳格に考えることはありません。ファイルはデータの集まりです。
 
ファイルは大きく分類すると【プログラムファイル】と【データファイル】、【テキストファイル】と【バイナリーファイル】に分けられます。プログラムファイルというのはエクセルや一太郎のようにいわゆるソフトと呼ばれるものです。データファイルとはソフトで作成した文書などを言います。テキストファイルはメモ帳などで作成したものでそのままで人間が読めるものです。これに対しバイナリーファイルはそのままでは人間は読めません。時々間違って何か訳のわからない文字やら記号が表示されたことがあるでしょうあれのことです。

こんなことは覚えなくてもいいですが、そういうものなんだな程度に知っておいてください。

←前に戻る 最初のページ 内容一覧 次へ進む→